あとで読む

退去時に大切なポイントとは

賃貸にお住まいの方は多くの場合でいずれ引越しをして現在住んでいる住宅を退去しなければならない時がやってきます。
新たに住宅を契約したり一戸建てなどを購入した場合ももちろん様々な手続きなどがあるかと思いますが、賃貸物件などで退去する際もまた抑えておくべきポイントがいくつか存在します。
そのひとつが部屋の原状回復です。
もちろん退去時にはある程度の掃除などをする事になりますが、どこまでやればよいのか明確には判断ができません。
しかしながら退去時の立会いチェック時にマイナスの評価を受けてしまうのもまた心配です。
賃貸契約では基本的に日常生活などで発生した劣化や汚れなどは建物の管理者が負担する決まりになっています。
例を挙げるとテレビなどの裏などの家電焼けや家具などを設置した跡の凹みなどは基本的には原状回復費用として加算されない事になっています。
逆にペットなどによる壁の傷やタバコのヤニによる黄ばみなどは生活による劣化ではない為に原状回復費用が発生する事になります。
そのほかにも細かな決まりが存在するのでまずは入居の時点でどのようなものが原状回復費用になるのかを明確に把握して置くようにしておく事が大切です。
退去時などの費用負担をしっかりと切り分ける事ができるようにもなるので入居者自身がしっかりと確認できる様にしておきましょう。
幾つも決まりがある賃貸物件ではありますが正しい知識を持って不動産会社と納得できる退去ができる様に心掛けるだけでスムーズさは大きく変わってくることを理解して置くようにしましょう。
Copyright (C)2017引越しが決まったら準備すること.All rights reserved.