あとで読む

荷物の分別をスムーズに

よくある話のひとつとして、引越しを終えてからどこに何があるのか分からなくなってしまったという事が多いと言われています。
確かに家財道具全てを持ち出して移動する訳ですからどうしても把握しきれないものもあるのかもしれません。
特に引越し業者などに依頼してダンボールで管理してしまうとあけてみたら違う部屋のものだったという事もあるかもしれません。
こうした事態を避ける為には、まず引越し業者には中身が見えないような分からないものは明確にどの部屋に置くものなのかを一目でわかるように表記して置くようにしましょう。
これは自分が実際に開封する際にも大変便利で目安になるものです。
同じ部屋のものはもちろんの事住む人ごとに分けることもコツの一つかもしれません。
また特に引越し後に分からなくなりやすいのが家電製品の電気コード類です。
テレビまわりのコードだけでもかなりの数があるのでこうしたコード類はどれがどの機器につながるものなのか分からなくなってしまいがちです。
そのような事態にならないように、電気コード類はしっかりと本体に外さずにガムテープなどでくくりつけて置くようにしましょう。
そのほかにもこうした引越し時に何かと便利な方法が数多くありますが、すべては準備が大きな鍵を握っているということは分かる事かと思います。
状況に応じて判断する事ももちろん大切かもしれませんが、事前にしっかりと運搬の為の準備をしていれば行方不明の品が最小限に抑えて引越し後もスムーズな後片付けができるのでは無いでしょうか。
Copyright (C)2017引越しが決まったら準備すること.All rights reserved.